パステル画の世界へようこそ

湖畔のルピナス
ラップランド
ハルシュタット/オーストリア
牧場の朝
コペンハーゲン
海辺の野あざみ
湖畔のサウナ小屋
紅葉の森
​初めてパステルが登場したのは​200年前のヨーロッパ。パステルは水で溶いた顔料を特殊なゴムの薄い溶液で
練り、棒状に固め乾燥させて作ります。顔料に白粘土や炭酸カルシウムを加えてありこれがパステルカラー独特の色合いとテクスチャーを作ります。色彩が美しく軽快なタッチで描ける事から日本では肖像画に用いられたり
油絵の習作に使用されました。近年では油絵や水彩のように一つの分野として認知されています。

(C)2004 Atelier-ishii All Rights Reserved

画像等のコピー、転載禁止

  • Twitter Metallic
  • s-facebook
牧場の朝